賢者タイム 克服 原因

精力剤 イリサナオイリサナオ

「賢者タイムがなければ2回戦に突入できるのに・・・」

セックス時にそう思う男性も少なくないはずです。

賢者タイムとはそもそも「プロラクチン」という物質が発生することで起こる興奮を抑える脳のシステムです。

ですから、このプロラクチンという物質を抑制することができれば賢者タイムを克服することは可能です。

では、プロラクチンという物質を抑制する方法にはどういったものがあるのでしょうか。

賢者タイムの原因とは?

賢者タイムの原因

性行為のあと、つまり射精をしてしまうと、性的興奮は一気に落ち着き、性欲は減衰します。

そのまま再度性行為をしようと思うのであれば、この性欲の減衰に打ち勝たなければなりません。

ですが、それまで感じていた興奮状態から脱却し、力が抜けて冷静になっているわけですから、なかなか難しい面もあるでしょう。

この賢者タイムですが、発生するメカニズムは解明されています。射精すると、男性の脳でプロラクチンという物質が生成されます。

この物質は、勃起に必要な男性ホルモンや興奮物質の働きを抑える働きがあります。

それまで、これらの物質の働きによって性的な興奮を覚えていたわけですが、それらが働けなくなるので、興奮の波が引いていくというわけです。

どうしてこのような物質が生成されるのかというのには諸説あるようです。

一説によると、外部の危険から身を守るために、射精後すぐ冷静になれるような体の作りになっているのではないか、と言われています。

賢者タイムの原因である「プロラクチン」とは

プロラクチンとは

プロラクチンはホルモンの一種です。催乳ホルモン、乳汁分泌ホルモン、黄体刺激ホルモンとも言われており、女性の母乳に関する物質です。

実はこの物質が、男性の性交渉にも深く関与していることが研究結果で明らかになっています。

40代から70代までの欧州の男性3000人を対象とした調査が行われ、男性ホルモンやプロラクチン、その他複数の物質の値が調べられました。

なお調査と同時に質問表も配られ、対象者はお酒を飲む量やたばこを吸う量、性交渉に関する問いに答えています。

この調査によって、プロラクチンが少ない人は、性的な満足度が低く、精神的なストレスを多く抱えていることが分かりました。

同時に、性交渉をすることに何らかの問題を抱えていることも判明しています。

なお、プロラクチンは男性だけでなく女性の性機能にも深く関与しているホルモンです。

男性の場合、射精すると、興奮物質や男性ホルモンの活動を抑える働きを持つプロラクチンがたくさん生成されます。

それまで感じていた興奮状態から脱却し、力が抜けて冷静になるのです。

同時に眠たくなったりするわけですが、これもこの物質の働きによるものです。男性が性交渉のあと冷たくなったり、すぐに寝てしまったりするのには、生物学的な理由があるというわけです。

賢者タイムを克服するためには

賢者タイム 克服 ED治療薬

賢者タイムに打ち勝つには、射精後にプロラクチンがなるべく生成されないようにすればいいわけです。

しかし、体が勝手に生成する物質をどのように抑えればいいのか、と疑問に感じる方もいるでしょう。

方法は単純で、この物質の生成を妨害する成分が含まれた薬を服用することです。

よく知られているのがバイアグラであり、要するに勃起不全の治療に用いられる薬を飲めばいいというわけです。

勃起不全の治療薬にはいろいろな効用があります。

たとえば、男性器の硬さが増したり、硬くなっている時間がより長くなったり、あるいは萎えさせないといった効用です。

この、萎えさせないという効用は、実はプロラクチンの生成を抑えることで得ることができます。

勃起不全の治療薬は性機能のことで悩んでいる人以外は飲んではいけない、というわけではありません。

特に問題なく男性器が硬くなる場合でも、服用してよいものなのです。

いつもとは異なった性行為に興味がある、という人や、パートナーをより満足させたい、という人にもおすすめできる薬であるというわけです。

より満足いく性生活を送りたい方や、賢者タイムで女性の心を傷つけたくないという方は、一度こうした薬を試してみてはいかがでしょうか。

女性を満足させることができるようになれば、男性としてもより自信がつくことでしょう。

バイアグラなどのED治療薬以外で賢者タイムを克服する方法は?

精子、精液量を増やす

賢者タイム 克服 精液を増やす

性行為は、自分の子どもを作ること、女性に受精させるためになされます。

賢者タイムを短くしたいのであれば、体内の精子を多くすればいいと言われています。

精子が空っぽになると、今から再び性交渉をしても相手を受精させることが難しい、と体が本能的に判断します。

すると賢者タイムを作り出す物質が生成されてしまうのです。精子を多くしたいのであれば、アルギニンや亜鉛をたくさん摂ることです。

ただし亜鉛は吸収率が低いので、サプリメントなどで補ってやる必要があります。

勃起力を高める

賢者タイム 克服 勃起力

精子の数を多くするだけでなく、性機能全般を向上させることも大切です。硬さや持続力があまりないと、射精に至ることが難しくなるからです。

硬さや持続力を向上させるにはどのような手段があるでしょうか。

よく知られている話ですが、筋力トレーニングなどでは男性器を硬くすることはできません。

男性器の硬さや持続力には、血の巡りが深く関与しているからです。

要するに男性器へ血がたくさん流れればいいわけです。

たくさん流れるようにするためには、血管を柔らかくして、広がりやすくする必要があります。

そのためには、一酸化窒素が必要なのですが、これはシトルリンやアルギニンという物質を摂ることで増やすことができます。

なお、喫煙は血管に悪影響を及ぼすので、控えたほうがよいでしょう。

視覚を変える

賢者タイム 克服 視覚

性的興奮は目に映るものによって引き起こされることが多いです。

ですが、同じようなものばかり見ていると慣れが生じてしまい、性的興奮が起こりにくくなったりします。

それまで興奮できていたものに興奮できなくなるので、賢者タイムが起きやすくなってしまいます。

なので、性交渉のたびにいろいろと工夫をするとよいでしょう。

たとえば女性にいろいろな服を着用してもらったり、お風呂場など普段はしない場所でしてみると良いでしょう。

状況を変化させ、新鮮な性交渉を行うことが大切です。目に見える情報をなるべく変えていくことは、賢者タイム対策として大変有用です。

早漏を改善する

賢者タイム 克服 早漏

射精に至るまでの時間が短ければ短いほど賢者タイムは長くなるという傾向があります。

なので、射精に至るまでの時間を長くすることは賢者タイム対策になります。

ですが、改善はなかなか難しく、薬を服用する必要があったり、手術をしなければならなかったりと、手間や費用がかかる場合が多いです。

なので、気楽にできる方法をここで紹介したいと思います。

それはスクイーズ法です。方法はシンプルで、射精しそうになったら亀頭を押さえて射精を止めるだけです。

ただし、気持ち良さは半減するので、実行や継続には意志の強さが求められます。

そもそも賢者タイムとは?

賢者タイムとは

賢者タイムとは、欲求が満たされることでそれまで感じていた興奮状態から脱却し、力が抜けて冷静になった状態のことです。

要するに射精して果てたあとの心理的状態のことです。なお、英語だと、sage′s timeと言います。

今これを読んでいる方も体験したことがあるかと思いますが、およそすべての男性が経験する状態であり、人種や年齢は関係ありません。

研究結果や論文なども存在し、射精後不応期というテクニカルタームもきちんとあるのですが、分かりやすいようにここでは賢者タイムと呼ぶことにします。

さて、この状態ですが、自慰のあとだろうが性行為のあとが、射精のあとには必ずやってきます。

女性の立場からすると、性行為のあとは甘えたかったりするのではないでしょうか。

ですが男性は、性行為のあとやたらとそっけなくなったり、すぐに眠りに落ちたり、それまで優しかったのに急に冷たくなったりします。

これは生物学的には仕方がないのですが、当然ながらすれ違いが生まれます。性

行為が目当てだったの、という不信感を女性が抱くのも無理はありません。

男性は自覚なしに女性やパートナーを傷付けているかもしれません。

賢者タイムの平均的な時間は?

賢者タイム 平均時間

男性の射精後不応期の時間、俗に言われる賢者タイムの時間は、調査によるとおよそ30分ほどです。

ですがこれは加齢に比例して長くなることが明らかになっています。

若い人、たとえば10代や20代の青年たちの場合は平均で15分ほどなのですが、50代や60代になるとなんと約24時間に達することがあるのです。

ほんの数十分でも女性を不愉快にさせてしまうのですから、短くできるのであればぜひそうしたいというのが、多くの男性の意見でしょう。

まとめ~賢者タイムを克服するよりも射精回数や回復力を高める方が現実的

賢者タイム 克服 まとめ

賢者タイムを克服するためには、プロラクチンという物質を抑制する必要があります。

ですが、このプロラクチンを抑えるための最も有効な方法はバイアグラなどのED治療薬を飲むことです。

副作用のリスクや費用を考えると誰もがやるべき方法でないことは明らかにです。

ですから、現実的な方法としては賢者タイムを克服するよりも射精回数を増やすための回復力を普段から改善することを考える方がよいでしょう。

⇒射精回数や射精頻度を増やすための方法はコチラの記事から読めます。